大分インターナショナルプリスクール。子供の将来の為に、小さい時から英語にふれさせてあげましょう。

  • ・英検準1級(小5、高3)
  • ・英検準2級(小1、小2、中3)
  • ・英検3級(年中2名、年長1名、小1、小2、小5)
  • ・英検4級(年中2名)
  • ・児童英検ゴールド100点(年中K4、小1)
  • ・珠算検定8級(年長)
  • ・明星小学校
  • ・福岡雙葉小学校グローバルコミュニケーションコース
  •  (倍率約20倍)
  • ・大分大学附属小学校
  • ・西南学院大学西南小学校
  • ・立命館小学校
  • ・福岡リンデンホール小学校
  • ・全国こども英語スピーチコンテスト九州地区500名中18名の狭き門に入賞(小2)
  • ・東京大学 経済学部 合格
    ・慶応大学 経済学部 合格
英語教育がますます重要視されてきている今、そして
これから先、国際社会を生きていく子ども達に語学
という財産を残してあげませんか? まだ年齢が小さ
いから、英語はもう少しおおきくなってからという
ことをよく耳にしますが、生まれてから2歳までに
母国語が決まり、残念なことに10歳くらいになりま
すと、外国語を聞く「耳」というものが閉ざされて
しまいます。 年齢が小さければ小さいほど抜群に
「耳」がよく「吸収」する力も大きいので、
ネイティブスピーカーの発音をそっくりそのまま
コピーすることが大得意ということになるわけです。

母国語を使いこなせるまでに日本語の場合は2歳までに3,000語近くの語彙数になり3歳までにはおよそ10,000語と言われています。
日本語と同様英語を定着させるためには同等の時間と教育が必要になります。幼児期の日本語もあまり覚えていない時期に英語を始めると英語を間接的に覚えるのではなく、英語=英語で直接的に吸収できます。

英語=英語で考えられる脳を大人になって作ろうとしてもかなりの時間と労力になります。 この時期だからこそ、無理強いせずに楽しく英語環境のなかホームステイ感覚で英語力を確実なものにしていきましょう。
また、OIP(大分インターナショナルプリスクール)では、社会性を身につけられるようマナーや躾にも力を入れて教育を行っています。日本人として自信を持ち、世界の舞台で活躍していける子ども達を育てていきたいと考えています。 異文化体験・経験はもちろんですが、日本人としてきちんと知っておくべき日本文化も大切にし、子ども達に伝えていきます。
Rio Sensei's BLOG